ソリューション

ドイツ発 最新セミドライ加工用装置

セミドライ加工の精度を高める画期的な潤滑システムで、環境負荷の低減とコスト削減、現場環境の向上を実現します。

セミドライ加工はウェット加工と違い、油をほとんど使用しないため、その購入および廃棄の費用がかかりません。また油による悪臭や発がん性物質を含んだ微粒子の浮遊、発火の危険性もないため、作業現場の環境が飛躍的に向上します。 化石燃料である石油の使用料を減らすことは地球的規模の課題ですが、切削作業においてそれを実現するための決定的な方策はありませんでした。ドイツのメーカー「ROTHER TECHNOLOGIE」のセミドライ加工用潤滑システムにより発生するナノスケールのエアロゾル「ATS」は、石油の粒子が1〜5ミクロンであるのに対し、0.1〜0.5ミクロンと超微細で、優れた潤滑性を実現。加工精度の安定や工具の長寿命に寄与します。2010年頃に流布したセミドライ加工の不評を払拭する画期的な装置です。 出石は、ROTHER TECHNOLOGIE社の日本総代理店を務めており、その高い性能を実感いただけるよう仮導入のご要望に対応しています。
セミドライ加工事業専用サイトへ