ソリューション

旋盤用ミーリングホルダ

加工精度・作業効率・スピード・コストの全ての面において、お使いの旋盤の能力を飛躍的に向上させます。

生産現場では、ツーリングを始めとする工具の差により、マシンの加工能力が左右される事が多々あります。多くの回転工具ホルダーのメーカーの中で、EPPINGER社(ドイツ)の旋盤用ツールホルダーは、業界のトップクラスのツールホルダーメーカーです。
EPPINGERの回転工具ホルダーの特徴は、数多くの国際特許を取得している独自性と、部品1つ1つから一貫生産によって生み出される、より精密で強固な製品品質です。
機械とホルダーの軸のズレを吸収するフロート機構、最大回転数13,000rpmまで対応、特殊パッキンによる長寿命化、ボルトオン形式のクイックチェンジやCAPTに対応しており、重切削・高速加工を可能にし、スピードUP・コスト軽減を飛躍的にUPします。
世界的には認知されているEPPINGERも日本では、今まで複合加工機における高速・高精度加工は難しいと思われ、ご要求が少なく、EPPINGER製品の出番が有りませんでしたが、近年コンパクト、高速、高精度マシンの普及と共に、少しずつ認知して頂けるようになって来ました。
海外のユーザー様においては、EPPINGERの指定が多く、EPPINGERは各機械メーカー様用のラインナップをしており、日本の各メーカー様の機械に取付け可能です。
また、総代理店である(株)出石は機械・ツール・工具の一貫したご提案をさせて頂けるスタッフを用意しており、皆様と共により良い加工と品質を得られるまでお付き合いさせて頂きたいと存じます。