企業情報

トップメッセージ

期待を上回るサービスでお客様の収益に貢献する

代表取締役社長

出石 篤

今も昔も、モノづくりの現場をサポートします

出石は1910年の創業から100年余り、製造現場に携わるビジネスを展開しています。専門商社としての当社の役割は、良い品質のモノを適切なコストと短納期でお客様に滞りなくお届けすることで、生産性の向上に寄与することが使命であると考えます。またそうすることによって、産業の発展、ひいては日本の発展の一翼を担っていると自負しています。
戦後復興の製造業の発展に伴って成長を遂げてきた当社ですが、モノづくりの現場の多様化、技術の進歩が目まぐるしい近年においては、より柔軟でスピーディーな対応が求められます。時代の波に乗り遅れないよう、仕入れ先メーカーと納入先であるお客様との間を価値あるサービスでつなぐコトづくりを通じて、モノづくりをサポートします。

付加価値の高いサービスが、当社の強力な武器のひとつ。

商社としてQCD(クオリティ・コスト・デリバリー)の徹底を大前提としてビジネスを行ってきましたが、時代の流れとともにそれだけではお客様の満足は得られないようになってきました。どの業界も競争は激しく、よりお客様の役に立つようなコトを仕掛けていかなければ生き残れません。そこで当社では、QCDにサービスをプラスしたQCDSの実践に取り組んでいます。仕入れ先からお客様に単に商品を販売するだけでなく、そこに付加価値の高いサービスを付加することで、よりお客様の役に立つ「コトづくり」に努めています。

コトづくりを通じて、よりお客様の役に立つ。

経済が発展した現在、日本全体が安定志向でリスクを負わない風潮が強まっている気がします。しかしながら、当社は、リスクを恐れず、社員一人ひとりが新しい仕事に挑戦し、付加価値の高いサービスを生み出そうと様々なプロジェクトに挑戦しています。それらのコトづくりを通じ、新しい価値を生み出して行きます。

モノづくりの現場をより幅広く、より効果的に支えられる会社を目指します。

グローバリゼーションの進展を背景に、国内の高度な技術優良な機械・工具メーカーの商品と海外の最先端の技術を融合させることにより、モノづくりの発展に寄与したいと考えます。また、サプライチェーンマネジメントの強化に力を入れ、多岐に渡るモノ・情報の流れをよりシンプルな形へと構築し、効果的なコンテンツとして製造現場を支えていきたいと思います。

日本の産業発展を担う同士へ。

当社は、これからもお客様の収益に貢献し、産業・社会の発展のために尽力してまいります。専門商社として進化し続け、その真価を皆様にお届けし続けます。どうぞご期待ください。その期待を上回るサービスでお応えします。